芽室町酪農ヘルパーについてAbout Us

芽室町について Memuro town

芽室町は、北海道の道東地方十勝平野の中西部に位置する町です。
良く肥えた大地と恵まれた気候状況により、畑作農業がとても盛んで、面積の約42%が農地、49%が山林となっています。

また芽室町は日本でも有数の晴天率を誇る町で、綺麗な空気と満天の青空を思いっきり堪能することができますよ!

そして町内外問わず大人気なJAめむろの直売店「めむろファーマーズマーケット愛菜屋」があります。
芽室町の広大な農地で採れた美味しい農産物の直売所となっており、季節にあった新鮮な農産物を買うことができますよ!

他にも冬にはスキー場として楽しめる「新嵐山スカイパーク展望台」も人気です!
眼下に広がる広大な大地と鮮やかな新緑そして綺麗な青空のコントラストを楽しむことができる芽室町ならではの場所です!

芽室町シティプロモーション
https://www.memuro.net/administration/city-promotion/
JAめむろ
http://www.ja-memuro.or.jp/

芽室町酪農ヘルパーについて Memuro dairy helper

酪農ヘルパーとは、酪農家さんが休日を取る際などに、酪農家さんに代わって
その牧場を1日担当し搾乳や飼養管理などの作業を行うお仕事です。
酪農家さんが「任せてよかった」と安心して任せて頂いただけるようになる事がゴールです。

各酪農家さんごとに経営スタイルや牛の状態が違うので、事前に各酪農家さんにヒアリングを行うことも重要な業務のひとつです。
日々しっかりとヒアリングや報告を行うので、酪農の知識や技術の他にコミュニケーションスキルも身に付きます。

酪農ヘルパーは、ヘルパーという言葉ではありますが、地域の酪農を支えるプロフェッショナルとして活躍できる、しっかりと自立したお仕事です。
様々な牧場に行き、働きながら「地域の酪農学」を学ぶ事ができる魅力的なお仕事でもあります。

なので、当組合の酪農ヘルパーさんには、プロとしての自覚と自信を持って活躍してもらい、酪農ヘルパーの価値を向上させるぐらいの集団になってもらいたいと思っています。

酪農という仕事は絶対に無くなる事のない仕事だと思っています。
世の中がどういう状況だろうと、生きもの相手のお仕事なので365日止まることのない仕事です。
そんな責任感とやりがいの詰まった酪農の仕事に携わりながら、日本の食を支えていきたいですね。

組合長 奥村 紀之

企業情報 Profile

企業名
芽室町酪農ヘルパー有限責任事業組合
住所
河西郡芽室町西4条南1丁目1-9(JAめむろ内)
電話番号
JAめむろ 畜産課 0155-62-2536
FAX番号
0155-62-6760
組合長
奥村 紀之
従業員
14人
組合加入戸数
40戸
活動範囲
芽室町内